モデルサイクルを研究する

セレナの査定ガイド > セレナのフルモデルチェンジ

現行セレナのフルモデルチェンジは?

日産セレナのモデルチェンジに関するうわさも多く見られるようになってきています。

セレナのモデルサイクルを見てみると初代セレナは、バネットコーチのフルモデルチェンジ版のバネットセレナとして1991年に登場しました。初代のモデルサイクルは1991年から1999年までと比較的長く、93年、94年、97年にマイナーチェンジを受けています。そして1997年のマイナーチェンジでは現在の人気グレードのハイウェイスターが常設グレードとなりました。

2代目セレナは、1999年に登場、2001年にマイナーチェンジを行い2005年まで販売されています。

2005年5月に登場した3代目セレナが現行モデルとなり、2007年12月にマイナーチェンジを行っていますから、現行タイプはモデル末期ということになります。

特に直接のライバルであるホンダのステップワゴンやトヨタのヴォクシーなどは新型が登場しているためセレナのフルモデルチェンジも近いのではと考えられています。

しかし、値引き幅が拡大していること、そして依然としてナンバーワンの人気を誇るミドルサイズミニバンということで売れ行きが良いため、当初予想されていたよりもモデルチェンジの時期が遅れているようです。

2010年上期の販売台数を見てみると2009年10月にフルモデルチェンジを行ったホンダのステップワゴンが4万5572台でミニバンの販売台数で1位となったのですが、セレナとは800台の差しかありません。モデル末期でこの数字は驚異的なもの。それだけセレナの人気が高いということがわかります。

とはいえ、セレナのフルモデルチェンジも遅れたとはいえ2010年中に行われることは間違いありません。買い替えを考えていらっしゃる方はフルモデルチェンジ前のこの時期に一度セレナの買取査定を受けておいてもいいのではないでしょうか。

セレナの無料査定ならカービューが一番

カービュー

【セレナを高く売りたいならカービュー一括査定】
日本中の車好きの方から支持され人気を集めているカービュー(carview)は自動車に関すありとあらゆる情報を手に入れることができる日本最大級の自動車ポータルサイトです。実際にその車を利用しているユーザーが集まってその車に関する情報を書いているクルマに関するブログの「みんなのカーライフ」(みんカラ)や車種別コミュニティーなどは燃費情報や不具合の解決法、アフターパーツの装着など有益な情報が集まっているので利用したことがあるという方も多くいらっしゃるはず。新車情報や中古車情報、そしてクルマ関連のニュースやコラムなど魅力的なコンテンツが詰まっています。そして現在カービューのサービスの中でも特に人気なのが中古車の一括買取査定。これは、完全無料であなたの愛車の値段を知ることができるというもの。中古車業者が一括であなたの車の査定見積もりをしてくれます。一括査定ですから簡単にあなたのセレナを一番高く評価してくれるお店が見つかるのです。申し込みに必要な時間は3分程度、もちろん査定を受けたからといって絶対車を売らなければいけないというものではありません。あなたのセレナの今現在の相場を知りたい方、ちょっとでも高く売りたい方にカービューのオンライン一括査定が最適です。