アコムマスターカードにはETCカードが付帯しない?クレジットカードの作り方

車に乗る方は持っていると便利なETCカードを持っていると思います。

基本的にカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

すでにアコムマスターカードを持っている方は追加で発行してもらうことも可能ですが2枚目、3枚目のアコムマスターカードを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブアコムマスターカードを申し込もうとしている方向けに様々な面からどのカード会社に選べばいいか調べてみました。

高速道路をあまり利用しない方なら年会費無料のアコムマスターカードがいいでしょう。

楽天でよくネットショッピングをされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高い楽天カードという選択肢もあります。

このように使用頻度やポイント還元率から自分に合ったお得なカードを探してください。

知っている前提で話が進んでいて何となくでしかわかっていないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方・注意点はどうでしょうか。

NEXCOのHPで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレジットカード同様に有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

車に乗ったら車載器にカードを挿れますがオモテ面ウラ面などカードの向きに気をつけてください。

ETCレーンに入る際の注意点は信号が赤になっていないかの確認と何かあったときにすぐ止まれる時速20km以下の速度で通行してください。

もし何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせて出るのではなく、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

この前、ネットで調べ物をしていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、ETCカードを利用して現金レーンでも支払いができるということです。

料金所でカードを係員に手渡すことで支払い処理を行ってもらえるのですが基本的にはETCの利用は無線通行が原則となっており無線通行しない場合は通行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できない場合は、料金所の係員に「車載器を搭載している」ことを話してカードを渡して処理をしてもらってください。

出口料金所を利用する時に料金所がない入口を通行していた場合は料金算出の起点がわからなくなるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口からで計算されるようです。

高速道路の料金所をスムーズに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがアコムマスターカードにはETCカードがないアコムマスターカードは用意されていません。

その利用率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本の利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した中の約90%の車で使われていたそうです。

ほとんどの方がETCを活用しているということです。

例えば東京湾アクアラインでは普通車のETC料金が800円ですが現金・クレジットカード支払いでは約3000円と大きく違います。

こんなに差額があるとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの申し込み方法ですがすでにクレジットカードをお持ちの方は追加で申し込み、持っていない方は新規でクレジットカード申し込みする際に一緒にETCカードの申し込みができます。

車の免許を取った学生の方の中にはクレジットカードを持つのが不安でETCカードだけ作りたいという方も多いと思います。

そんな方にはETCパーソナルカードという選択肢があります。

このカードは発行時に補償金を預ければ誰でも作ることができますが平均利用月額が5千円単位で切り上げた額の4倍以上の金額(4万円前後が多い)を補償金として事務局に預け入れなければなりません。

逆に考えると、補償金を預けることさえできれば長期滞納などでアコムマスターカードを作れない方でも発行できます。

アコムマスターカードを持っている方との特に大きい違いがこの点です。

他には、毎年必ず年会費がかかりその額も通常のETCカードよりも高いです。

ここ数年でよくノマドワーキングという言葉を聞く回数が増えてきました。

その中には独立して個人事業主や起業して社長となる人も増えています。

個人事業主や法人化した方の多くは経理業務がとても面倒だと感じるそうです。

打ち合わせなどで移動する際の交通費は領収書が多くなりがちで毎回領収書を出して月毎に保管、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できれば屋号・法人口座からまとめて引き落として経費としておきたいですよね。

その場合、高速道路料金支払い時に使用するETCカードがないアコムマスターカードはどうしたらいいのでしょうか。

法人用のカードは基本的に作り方自体は個人用のカードと同じですが法人用のビジネスクレジットカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。便利に使えるアコムマスターカードですが実はETCカードが無いことには注意が必要です。

参考:アコムマスターカードはETCカードも作れる?【申し込み審査甘い?】
会社設立後の1つの関門とされています。

高速道路などを利用するときなどに割引があったり一般レーンと比べてスムーズに料金所を通過できてお得なETCカードですがアコムマスターカードにはETCカードがないアコムマスターカードは用意されていません。

高速道路を使わない時のカードの取り扱いを皆さんはどうしていますか?ネットで検索してみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

入れっぱなしにしている人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのがいやだ」、「もし盗難されても悪用されにくいから気にしない」という意見がありました。

ただ挿したままの方の中には別のカードにしようと思って1回抜いたら挿入時に認識エラーがよく起こるようになってしまったという方や車検時に預けた時に挿したままだったといううっかりも報告されていました。

できればこまめに抜き差しするクセを習慣づけしましょう。

高速道路の料金所をスムーズに通過できるETCですがネットで調べ物をしていたらこんな質問がありました。

それは「ETCカードを利用して給油はできますか?」という質問です。

答えとしては、基本的には不可能になっています。

基本的にと書いた理由としては、クレジットカード機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレジットカード機能も付いた一体型のカードが発行されるのでしょう。

ガソリンスタンドで申し込めるカードに一体型カードが多いようです。

クレジットカード一体型は一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽ですが高速道路を走っている途中でSAなどでクレジットカード決済をしようとするとパーキングエリアで買い物をするときに一度車載器から抜かなければ使えないという少し面倒な面もあります。

最近ETCカードを作ろうと思って調べていたところあまり世間的に知られていないと思われる豆知識が出てきました。

それは、車載器がなくてもETCカードで高速道路の利用は可能ということです。

車載器がない場合はETC専用レーンではなく一般レーンを使い料金所スタッフにカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

スタッフに手渡しで利用する場合、ETCが作られた理由として人件費削減や渋滞の解消が目的となっており手渡しでは無意味になってしまいます。

そのためクレジットカードなどの通常の利用ポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことや夜間割引などのETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

急に車載器が壊れてしまった・エラーが起きてしまった時のために覚えておきましょう。

休日に車で遠出をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?多くの人はETCカードを使っていると思います。

実際にNEXCO東日本の調べでは平成30年3月のETC利用率は約90%になっているそうです。

なぜこれほどまでに利用率が高いのか調べてみたところ一般レーンでの支払いと違い小銭を準備しなくていいことや料金割引が適用されて一般レーンを使うより安価でお得という理由がありました。

一例として、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは一般レーンの普通車料金が3090円なのに対してETC利用料金は800円と2000円以上違います。

また、親となるクレジットカード会社次第ではガソリン給油割引がついているカードもあります。

大学進学など生活環境も変わり車の免許を取って遠出をしたいと思っている方もいると思います。

免許取り立ての方はクレジットカードは持っていてもETCカードがないアコムマスターカードは持っていない方が多いと思います。

ネット上でもどこで作れるの?といった質問も見受けます。

ここではETCカードの作り方について解説します。

まずはじめにETCカードがないアコムマスターカードは購入するものではなく申し込みをして入手するものになります。

ETCパーソナルカードという高速道路事業社が発行しているカードと一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

もしすでにクレジットカードをお持ちでETC対応の会社なら追加発行の申し込み、対応していなければ新しくクレジットカードを申し込み、同時にETCを申し込みしましょう。

車で旅行に行くときに便利なETCカードですがアコムマスターカードにはETCカードがないアコムマスターカードは用意されていません。

、発行している会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カード会社ごとにどんな違いがあるのでしょうか。

多くの人が見る部分が年会費や更新費用でしょう。

年会費については大きく分けて3つに分類され、1年間の利用していなくても年会費無料のタイプ、年に1回以上の利用で年会費無料になるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費がかかるタイプがあります。

発行日が有料の場合、更新費も有料のカードが多い代わりにポイント還元率が高くなっているなど別の面で優遇されていることも多いです。

1、2年ほど前からキャンピングカーを借りて旅行するのが人気なようです。

特に長期休暇で利用する方の場合は高速道路を利用しますよね?その際に多くの方がETCカードを利用すると思いますがETCの利用自体はレンタカーに車載器があれば簡単に利用できますが旅行後に利用料金を確認しようとETC利用照会サービスを使おうと思ったら事前準備が必要になります。

利用照会サービスのHPでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」などいくつか情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社への電話するなどして確認してください。

各レンタカー会社に確認しないとわからない項目もあるので注意してください。

1度登録したカードについてはその後も他の車で利用するときに登録は不要です。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレジットカードです、ですがアコムマスターカードにETCカードが無いことは覚えておいてください。

もしクレジットカードを持っていなく銀行のキャッシュカードしか所持していないという方は基本的にはアコムマスターカードを作らなければなりません。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついている場合もあるのでその場合はそのまま発行手続きができます。

なぜクレジット機能のついていないキャッシュカードでは作れないのかというとETCのゲートを通過するときにデビット支払いのように銀行口座から即時引き落とす方式になっていると新しい口座にお金を移動していて偶然口座にお金がなかった場合にETC出口で通過ができなくなってしまうからです。

皆さんは普段、高速道路を利用する時にETCカードを使っていますか?もし利用していないならすごくもったいないです。

その理由としてETC利用をすると料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の高速利用料が30%オフになるんです。

他にも外環道迂回割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、割引が適用されない区間でもほとんどの人が経験したことがあると思う料金所一般レーン直前の渋滞を気にすることなく通過できます。

ここまで読んでETCってお得!カードを作らなきゃと思った方はお持ちのアコムマスターカードを発行している会社に追加で発行してもらうか新しくアコムマスターカードを申し込む際に一緒に発行してもらいましょう。