うつ病支援を社会保険労務士に依頼するには?

うつ病と社会保険労務士、一見すると関連性のない両者に思えるかもしれませんが、労務関連の問題も手掛ける社会保険労務士にとってうつ病となってしまった雇用者の方と、企業側との間の問題解決等を行うこともよくあることです。
こうした問題においては、まずよくありがちな企業側によるうつ病に対する認識の誤解を解くことから始まります。
うつ病は必ずしも心が弱いから発症する、というものではなくホルモンバランス等のさまざまな要因が考えられます。
それらをきちんと企業側に認識してもらい、正しい見方で接してもらうことが最も大事なのです。
さらに場合によっては障害年金の申請等も必要になることがありますので、そのような手続きを代理することもあるのです。